脂肪肝になる原因には、このような事が考えられます。 ・過食(いきすぎていると、一転して極端に食べられなくなることもあります) ・アルコール摂取 ・糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます) まず、過食ですが、たくさん食べ過ぎると、殆どの人は太ってしまうのです。 肥満になると、脂肪肝になりやすくなります。 それに、甘いものや脂質をたくさん摂ると、肝臓で脂肪に変わりますので、肝臓に脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)が溜まりやすくなってしまうみたいです。 逆にいうと、甘いものや脂質を控えたり、ダイエットをすると、脂肪肝が改善されるでしょう。 次に、アルコール摂取ですが、アルコールを大量に摂取することで、肝臓の働きに障害が起きてしまいます。 すると、肝臓に脂肪が溜まりやすくなり、脂肪肝の原因になります。 また、アルコール摂取と同時に、高タンパク、高脂質な食事をしたり、何も食べないでいると、更に、脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)肝になりやすくなってしまうでしょう。 アルコールによる脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)肝を治したいのであれば、アルコールを断つのが一番の方法です。 最後に、糖尿病ですが、糖尿病になると、インスリン(血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の治療によく使われます)の分泌量が低下します。 そうすると、肝臓が中性脂肪を多く作り出すため、脂肪肝になりやすくなってしまうようです。 それに、脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)肝になると、糖尿病になりやすくもなりますので、一度日頃の食事やアルコール摂取を見直すようにしてくださいー